SHARP MZ-2500

懐パソ

SHARP MZシリーズ

8ビットパソコン全盛期の1970年代後半から1980年代、人気シリーズのひとつだったSHARPのX1シリーズ。

このX1シリーズはSHARPのテレビ事業部が開発していたパソコンでしたが、SHARPにはもうひとつパソコンを開発している部門がありました。

それが情報システム事業部で、もともとは部品事業部でやっていたパソコン事業を移管して引き継ぎました。

情報システム事業部で開発されていたパソコンはMZシリーズ。

MZ-700、MZ-1500などのホビー向けと、番台の大きなMZ-3500系列、MZ-5500系列などのビジネス向け機種に分かれます。

SHARP MZ-2500(SuperMZ)

ホビー向けMZシリーズでは、クイックディスクを搭載したMZ-1500がありましたが、NECのPC-8801シリーズや富士通のFM-7シリーズ、おなじSHARPのX1シリーズなどの勢いに押されて今一つの存在でした。

そこで、性能で頭一つ飛び出したホビー向けMZシリーズの最高峰ということでMZ-2500(SuperMZ)が1985年に登場します。

他のシリーズが過去の機種に囚われてCPUクロックを上げられないでいる中、SuperMZはCPUにZ80Bを採用してクロックを6MHzに上げます。

そして過去の資産を利用するため、MZ-80Bモードを用意して系列の旧機種全ての資産を使えるようにしました。

ただ、登場が8ビットパソコン全盛期の後半ということもあり、MZシリーズがシェアを取り戻すまでには至らなかったように思います。

これがMZシリーズの最高峰MZ-2500(SuperMZ)

厳密にいうとこのあとMZ-2800シリーズという8ビット+16ビットのハイブリット仕様というドーピングマシンが登場するわけですが。

純粋に8ビットマシンという括りだとこれが最後のシリーズです。

スーパーMZはカセットドライブが1基とフロッピーディスクドライブが2基という豪華仕様でした。

正直カセットは今更要らないかな?とも思いましたがBASICからの制御で音楽を再生できるという、音楽好きなプログラマというレアな属性の人には受けたのかもしれません。

SuperMZには過去の資産を使うためにMZ-2000モードとMZ-80Bモードがあります。

ただ、MZ-2500ユーザーは、高スペックに憧れてスーパーMZからユーザーになったという人が多かったので、この機能を利用したことが無いというユーザーが多かったのではないかと思います。

背面には各種インターフェースがスッキリと並びます。

なにげにモニター用の電源が用意されているところが嬉しいところ。

懐かしくなったのでちょっとソフトウェアを引っ張り出してみました。

MZ-2500ゲームの代表作といえば、スーパーレイドックとゼビウスではないかと勝手に思っています。

ハードウェアでのスクロール機能を搭載しているため、他の8ビットマシンのおような8ドット単位でのスクロールではなく、1ドット単位での滑らかな背景スクロールのシューティングゲームを再現できました。

これでスプライト機能が実装されていれば間違いなく8ビット最高峰マシンとして君臨できたのに惜しいところです。

とりあえず電源を投入。

これですよ。

ブラウン管CRTはホントに時間が経過するとダメになります。

これがこれから旧型のパソコンを維持するときの課題ではないかと思います。

仕方がないのでX1turboZⅢのモニターをつないで再起動。

こちらはなんとか生きているみたい。

トリトーンって横スクロールのハイドライドみたいだな。

本体はとりあえず生きているみたいなのでディスプレイをどうするか、それがレトロPCを楽しむための課題ですね。

コメント