【エキサイトバイク】モトクロスバイクで障害物コースを疾走する

懐パソゲー

「エキサイトバイク」は、1984年11月30日に任天堂からファミリーコンピュータ用ソフトとして発売されたレースゲーム。

モトクロスバイクで障害物のあるコースを疾走し、ゴールを目指すタイムアタック型のレースゲームです。

コースには障害物やジャンプ台、ぬかるみなどが配置されており、上下にコースを変えながら、いかに早くゴールまでたどり着けるかを競うのです。

ゲーム内容

まずは5つあるコースの中から1つのコースを選んでチャレンジレース(予選)に挑戦。

このチャレンジレースで規定タイムをクリア(入賞)するとエキサイトバイク(本戦)に出場できます。

そしてエキサイトバイクで規定タイムをクリア(3位入賞)すると次のコースの本戦に出場する事ができる。

エキサイトバイク5面をクリアすると、ゲームオーバーになるまで何度でも5面を走行することができます。

ゲームモードには SELECTION A と SELECTION B の2種類があり、Aは単独走行、Bはライバルと一緒に走ります。

もうひとつ DESIGN モードがあり、オリジナルコースをつくることもできるようになっています。

操作方法

バイクを操作するには十字コントローラとふたつのボタンを使用します。

バイクは左から右方向に走るので、コースを変えるには十字コントローラの上下キーを操作します。

十字コントローラの左キーは、走行中やジャンプ中にバイクのフロントを上げ、右キーは逆にフロントを下げます。

ボタン操作のAはアクセルとブレーキ、押すと加速して離すとブレーキがかかる。

Bボタンはターボ。使うとスピードが上がりますが、使い続けるとエンジンの温度が上がっていってオーバーヒートしてしまう。

オーバーヒートするとしばらくマシンが動かなくなってしまうので注意が必要です。

パソコン版エキサイトバイク

ファミコン版で発売されたエキサイトバイクですが、当時の家庭向け8ビットパソコンにも移植され発売されました。

タイトル:エキサイトバイク

発売元:ハドソン
発売日:1985年10月
機種:PC-8001mk2SR、PC-8801/SR、X1

エキサイトバイクX1版

家庭用8ビットパソコンの人気機種、SHARPのX1シリーズ向けに移植された「エキサイトバイク」はハドソンから発売されました。

ゲームに機能特化したファミコンというプラットフォームからの移植ということで、ハードウェアによるスクロール機能がないパソコンへの移植はかなりの難易度だったことと思います。

ジャンプ台を次々とクリアして、ライバルのマシンたちを蹴散らして。

キャラクタの動きの滑らかさはファミコン版に及ばないものの、バイクアクションの豪快さや爽快さはなかなかのものでした。

そして、エキサイトバイクといえば自分でオリジナルコースをつくって遊べます。

パソコン版でも同様に難コースをつくりだすことが可能。Sを選ぶとこんなジャンプ台も。

とんでもないコースをつくっては友達とワイワイと難易度競争をするのも楽しみのひとつ。

エキサイトバイクの移植版はGBAのファミコンミニシリーズや任天堂のバーチャルコンソールで楽しむことができます。

コメント