【マッピー】ネコとネズミの捕り物劇、ナムコの名作アクションゲーム

懐ゲー

MAPPY(マッピー)は1983年にナムコからリリースされた面クリア型のアクションゲーム。

正義感に燃えるフレッシュポリスのマッピーがニャームコ一味から盗品を取り返すというゲームです。

フレッシュポリスのマッピーはネズミ、ニャームコは泥棒ネコ。なんだかどこかで聞いたことがあるような設定ですが、とにかく主人公である警官のマッピーが泥棒一味に追いかけながら盗品を取り返していくのです。

操作方法

マッピーの移動

プレイヤーが操作するマッピーの移動は左右のみ。ジョイスティックの左右レバーでマッピーを操作して移動します。ニャームコやミューキーに捕まらないよう逃げながら、ニャームコの屋敷内にある盗品を全て取り戻すのです。

盗品の上をマッピーが通過すると、盗品を取り返したことになり得点が入ります。うしろにニャームコが隠れている盗品を取り返すとボーナス得点ゲット。屋敷内の全ての盗品を取り返すとラウンドクリアとなり、次のラウンドに進めます。

階路内でニャームコやミューキーに捕まると1ミスになるので、キャラクターが重ならないように逃げましょう。

トランポリン

屋敷内で階の移動はトランポリンを使います。

階路の端まで行くとマッピーはトランポリンに飛び出します。トランポリンの縦通路では上昇中にレバーを倒すとレバーの向きと同じ方向の階路に着地。下降中にレバーを倒しても階路には降りられずトランポリンまで降りてしまいます。

トランポリンはバウンドするごとに 緑 → 青 → 黄 → 赤 と色が変化していき、赤色のときにトランポリンに降りると破れて落ちてしまう。階路にいちど着地すると元の色に戻るのでひとつのトランポリンに連続で何回も降りないように気を付けよう。

トランポリンでジャンプしている最中は敵と重なってもミスにはならないが、通路に降りた瞬間に当たり判定が復活するのでタイミング悪く敵と重ならないように気を付けましょう。

ドアの操作

マッピーにはボタンがひとつあり、弾を発射したり敵を攻撃することはできないが階路のドアを操作することができます。ボタンを押すとマッピーの向いている方向の一番近くにあるドアを開閉することができるので上手に操作しましょう。

ドアはノブのついている方向に開きます。開閉中のドアにマッピーが当たると跳ね飛ばされるのでうまく利用して加速しよう。加速中のマッピーは体当たりでミューキーやニャームコを跳ね飛ばすこともできます。

開閉中のドアにニャームコが当たると張り付きミューキーは転んでしまいます。この状態ならば敵キャラのネコたちを通り抜けることができるのでドアの開閉をうまく利用しよう。階路上で敵に挟まれると逃げ場が無くなってしまいますがドアを使えば上手に切り抜けることもできます。

各面には4つのパワードア(カラフルに点滅している)があり普通のドアと同様に開閉することができます。パワードアは開いた方向に衝撃波(マイクロウェーブ)を発生させ、ミューキーやニャームコを画面外へと連れていってしまいます。

一度に多くの敵を連れて行くことで高得点が得られるので、パワードアはミューキーズたちをなるべくたくさん引きつけてまとめてやっつけよう。

ボーナスラウンド

3,7,11面はボーナスラウンドでトランポリンの部屋になっている。

音楽が終了するまでに多くの風船を取って得点を稼ぎましょう。トランポリンを効率よく上手に渡っていくと全ての風船をゲットできるようになっている。より多くの風船を取るためにはトランポリンを破いて進みましょう。全ての風船を割ってゴールするとパーフェクトボーナスがもらえるよ。

ゲームオーバー

マッピーが全滅するとゲームオーバーになります。ニャームコの屋敷は4種類、全部で16パターンがあるのでひとつでも多くのステージを攻略していきましょう。

ゲームキャラクタ

登場キャラクタ

【マッピー】

ゲームの主人公、フレッシュポリス、ネズミである。

【ニャームコ】

敵キャラ、ミューキーズたちの親。

屋敷内を蛇行し、時に盗品の後ろに隠れます。

マッピーを追いかけない。

【ミューキーズ】

敵キャラ、ニャームコのこどもたち、無邪気でいたずら好き。

マッピーを追いかけてくる。

Hurryがでるとスピードアップして2匹増えるので逃げきれない。

【墓石(ご先祖様)】

Hurryが出てもクリアをもたもたしてるとベルが鳴って登場。

マッピーを追い回してくるので勝ち目なし。

盗品

【ラジカセ】

昭和のアイテム「ラジカセ」である。

ラジオとカセットデッキが一体式となっている。

【テレビ】

地デジは受信できない昭和のテレビ。

ブラウン管式で画面右側にガチャガチャ回すチャンネルとスピーカーがついている。

【マイコン】

パソコンではなくマイコンである。

カセットドライブとブラウン管表示器の一体式なのでMZ-80あたりなんだろうか?

【モナリザ】

高価な美術品ということでモナリザの絵画なんでしょう。

【金庫】

これも昭和のアイテムのような・・・。

アイテムなど

【赤風船】

ボーナスラウンドで登場、1個割ると200点。

ボーナスラウンドで全ての風船を割るとボーナスゲット。

パーフェクトボーナスで+5000点はとても大きい。

【青風船】

ボーナスラウンドの最後の方で1個だけ登場。

ニャームコが隠れていて割ると飛び出す。2000点。

パソコン版マッピー

アーケードゲームのマッピーは、ゲームキャラがかわいらしく軽快なBGMとともにシンプルな操作で男女問わず楽しめる作品で、とても高い人気がありました。そんな人気のマッピーを家庭でも楽しめるようにとパソコンへの移植版が発売されていきます。パソコン版のマッピーも軽快なサウンドはそのままに、キャラクターもアクションも高い再現性でいろんな機種へと移植されていきました。

パソコン版第1弾は1984年にMSX版がナムコからロムカセットで登場しました。

そして同時期にX1版が電波新聞社から発売されます。

マッピー for X1シリーズ

FD版:5,800円
テープ版:3,500円

その後、1884年8月にMZシリーズ版が、1986年5月にPC-8801mkⅡSR版が電波新聞社から。

1986年にはPC-8001mkⅡSR・FM-7・MZ-2500・PC-6001mkⅡ版と立て続けに登場してきます。

これだけ多くの機種に移植されたマッピーというゲームがどれほどユーザーに愛されていたかわかります。

マッピー(X1版)

ゲームの開始時、マッピーはトランポリンに乗って?という顔をします。

マッピーは操作が左右への移動と扉開閉のボタンひとつ。

シンプルな操作で楽しめるのでジョイスティックが無くても大丈夫。X1版のキーボード操作も、テンキーの4と6で左右の移動、スペースキーで扉開閉でした。

軽快な音楽に乗りながらシンプルな操作で楽しめる。そんなところがマッピーが万人受けして男女問わずプレイされた要因ではないでしょうか。

シンプルな操作ながら扉を使ったボディアタックやワープなどの技もあり。

このドアを使った多彩なテクニックが人気のヒミツでもありました。アクションゲームの初級者から上級者まで、みんなが楽しめる作品がマッピーです。

コメント