SHARP X1 turboZⅢ

懐パソ

X1turboⅢ登場

X1turboⅡの登場からちょうど1年後の1986年11月、SHARP・X1turboシリーズの最新作であるX1turboⅢが登場します。

X1turboⅡのフロッピーディスクドライブを2HD/2D両対応にして、本体前面のデザインをやや丸みを帯びたデザインに変更。

価格をさらに1万円下げて定価168,000円にしたモデルです。

機能強化としてはJIS第2水準漢字ROMを搭載してきましたが、実はこの後X1turboシリーズの最高峰であるturboZが登場するわけです。

SHARPさんがなぜこのタイミングでこのモデルを登場させたのか?今振り返ってみても理解に難しいです。

X1turboZ登場

X1turboⅢの登場から僅か1か月後の1986年12月、今度はAV機能を強化したX1turboZが登場します。

ライバルのFM77AVシリーズなどに先を越されていた部分を補う形で、8ビットだったグラフィック表示カラーが4096色まで拡大されます。

定価は218,000円。

オプションボードなど必要なく、買ったその日から高機能をフルで堪能できる仕様でした。

この辺りは、オプションを揃えないと機能が引き出せなかったFM77AVよりも親切だった。

本体のデザイン的にはturboシリーズよりも洗練された感じでした。

考えてみれば、turboZの本体デザインはturboⅢと共通だったように思います。

しかしながら、turboZの登場はSHARPの16ビットマシンX68000とほぼ同時だったため、全ての話題をそちらに持っていかれました。

1970年代後半から1980年代の長かった8ビットマシンの時代はここで終焉を迎えたのではないかと、今ならばそう思います。

X1turboZシリーズ

X1turboZの登場と同時に発表されたX68000、その登場後もX1turboZはⅡ、そしてⅢへと進化します。

登場から1年後の1987年12月には、RAMの追加とturboZのAV機能を制御可能にしたNew Z-BASICを添付したturboZⅡ。

価格は178,000円。

そしてさらに1年後の1988年12月にはturboZⅡの廉価版であるturboZⅢ、価格は169,800円。

これがX1シリーズ最後の機種となります。

SHARPテレビ事業部の16ビット機であるX68000が、あれだけの高性能で衝撃的なデビューを果たしたわけですから、たとえ価格差があろうともユーザーを留めておくのは難しかったんですね。

x1turboZⅢ

そんなわけでX1シリーズ最後の作品となってしまったX1turboZⅢ。

turboシリーズから少し丸みを帯びたフロントのデザイン。

フロントパネルにもキーボードにもZの文字が赤く主張しています。

FDDは2HD/2Dモードに対応、ディスプレイはハイレゾモードあり。

背面のインターフェースもturboシリーズと比較するとスッキリとしています。

銘板には型式があります。

CZ-888C-BKはturboZⅢですが、正面から見ると機種がよくわかりません。

ドラゴンバスターがあったのでドライブに入れて起動。

X1シリーズのドラバスは何がすごいって画面スクロールするんですよね。

他の機種のはたしか画面切り替え式だったと記憶しています。

ドラゴンに焼かれてアチチ(笑)

DEMOプレイですが。

まだ現役で行けそうなX1シリーズの最高峰X1turboZⅢでした。

コメント