SHARP MZ-2500 フロッピーディスクのイメージ化

懐かしのパソコン

ひみつの屋根裏部屋で所有する「MZ-2500」、専用のブラウン管ディスプレイも壊れて表示できなくなってしまったことだし、この辺で限界か?

ということで、「MZ-2500」の環境をエミュレータへと全面的に移行するため に所有する全てのフロッピーディスクをイメージ化することにしました。

もっと早く着手すればよかったのですが、3.5インチFDDはまだ暫く現役だろうと悠長に構えておりました。

考えてみれば、たかだか1.44MBの記憶メディアなど今頃必要とされるはずもなく、現存しているドライブを探すのも大変です。

今回、当時のフロッピーを読み出せる環境を揃えるのにも一苦労してしまい、備忘録として記事にしておきます。

フロッピーディスクの長期保存は、湿気によるカビなどが原因で読み出せなくなる危険性もありますので、まだの人は早めのイメージ化をお勧めします。

どうやってイメージ化するか?

「MZ-2500」の3.5インチフロッピーをイメージ化するにはいくつかの方法があります。

今回は手持ち環境の中では最短距離でできそうな Windowsパソコンを使ってイメージ化 する方法を取りたいと思います。

Winodws10 + RawWrite for Windows でトライ

Windowsで使えるフローーピーディスクイメージ化ツールといえば「RawWrite for Windows」。

95からXPまでのWindows対応のイメージ化ツールです。

3.5インチFDDは3モード対応のものでなければ「MZ-2500」の2DDディスクは読み書きできませんので、USB接続できる3モード対応の3.5インチFDDを入手。

早速MZ-2500の3.5インチフロッピーディスクをセットしてトライしてみましたが、なにやらディスクIOエラーでアクセスできない。

どうやらUSB接続のディスクドライブではFDCを直接制御できないので、2D、2DDモードのディスク読み書きはダメなようです。

Windows2000パソコンでトライ

USB接続のFDDでは読み取りできないようなのでIDE接続ならばと3.5インチドライブを標準装備していたWindows95時代のパソコンを引っ張り出してきた。

しばらく使用していなかったがOSはWindows2000にUGして使っていたようです。

こちらにUSBメモリをマウントして先程のアプリを起動して試してみましたがやはりエラーで読み取れない。

そこで。

もうひとつのフロッピーイメージ化ツール「EMT4WIN」を使用してみることに。

ところが。

やはり途中でエラーを起こしてしまう。

ぐぬぬ。

Windows版ではフォーマット違いのメディアのイメージ化はできないのか。

Dittでトライ

もはやこうなったら最後の手段ということで。

DOS/Vマシン用のコマンドプロンプトで使うアプリ「Ditt」でトライすることにした。

調べていたらWindows上で動く 「Nditt」なるアプリを公開しているPC6001Vな方 もいましたが。

こちらはOSがWindowsXP以降ということで対応していなかったので、興味はわいたのですが今回は見送りです。

まずはDittを こちらのサイト で入手します。

Windows2000のコマンドプロンプトでは動作しないEXE(実行)ファイルのようなので、仕方なくWindows95の起動ディスクを召喚します。

ドライブAのフロッピーディスクからDOS/Vマシンを起動してみてここで問題が発覚。

Windows2000マシンのHDDがNTFSでフォーマットしてあるがためにDOS起動だと認識されない。

ちなみにWinodwsからFAT32でフォーマットしてもDOSからは認識されなかった。

つまり3.5インチFDD一基で戦わなければならない。

ひとつのドライブでイメージ化ってそもそも無理なんじゃね?

ということで廃棄寸前だった6.4GBのHDDを新たに召喚します。

DドライブにマウントされていたHDDをこれに換装して起動ディスクからFDISKコマンドによりパーテーション作成して初期化します。

※暫定のためケーブルでぶら下げたままです

Windowsに戻ってDドライブになったFAT16フォーマットのHDDにツールをコピー。

ふたたび起動ディクスからDOS起動してCドライブとなったHDDからDittを起動。

3.5インチドライブにMZ-2500のディスクをセットしてイメージ化開始。

ようやく目的の MZ-2500用3.5インチフロッピーディスクのイメージ化 に成功しました。

古い環境も棄てずに取っておくものだなという教訓を得た。

折角3.5インチディスクのイメージ化に成功したのでエミュレータ環境で実行してみます。

これで自分の大切なコレクションのひとつが保全されました。

めでたしめでたし。
※だがしかし実はイメージ化していないメディアはMZ-2500の他にも大量にあったりする

コメント

タイトルとURLをコピーしました