懐かしのPCゲーム

スポンサーリンク
懐かしのPCゲーム

「フロントライン」8ビットパソコン機種比較

「フロントライン」はタイトーが1983年に稼働させたアーケードゲーム。 AC版「フロントライン」は、ジョイスティックにダイヤルスイッチを採用したシューティングゲームでした。 ダイヤルスイッチはジョイスティックと別にショットの方向...
懐かしのPCゲーム

「グーニーズ」8ビットパソコン機種比較

「グーニーズ」(The Goonies)は、映画「グーニーズ」を原作とした横スクロールアクションゲーム。 日本ではコナミからMSX版とファミコン版が発売され、PC-8801とX1でファミコン版の移植作が発売された。 【グーニーズ...
懐かしのPCゲーム

「チョップリフター」8ビットパソコン機種比較

チョップリフターは敵に捕えられた捕虜をヘリコプターで救出する横スクロールシューティングゲーム。 アメリカ発、黎明期のシューティングゲームで、AppleⅡなどPC版として人気のあったバンゲリング帝国三部作のひとつ。 バンゲリング三...
懐かしのPCゲーム

ボーステック「EGGY」8ビットパソコン機種比較

EGGY(エギー)は、1985年にボーステックから発売されたパソコン用ゲーム。 ボーステックが1984年に開催した「ボーステック第1回プログラムコンテスト」で優秀賞を受賞した作品を製品化したものでオリジナルはPC-6001。 ゲ...
懐かしのPCゲーム

T&Eソフト「レイドック」8ビットパソコン機種比較

「レイドック」はT&Eソフトがハードウェアスクロール機能を実装した8ビットパソコンの機種向けに発売した縦スクロールシューティング。 キャッチコピーは「魅せてあげよう、1ドットのエクスタシー」。 MSX2は縦方向ハードウェ...
懐かしのPCゲーム

タイトー「ジャイロダイン」8ビットパソコン機種比較

「ジャイロダイン」は、1984年にタイトーから発売されたアーケード用縦スクロールシューティングゲーム。 アーケード版からファミコンへと移植され、8ビットパソコンへは「MSX」「PC-8801」「X1」で移植版が発売されている。 ...
懐かしのPCゲーム

「忍者くん 魔城の冒険」8ビットパソコン機種比較

「忍者くん 魔城の冒険」は1984年10月に発売されたアーケード用縦スクロールアクションゲーム。 開発はUPLだがライセンスはタイトー。パソコン版の移植作は開発日本デクスタでブランドはジャレコ。なにか複雑な事情でもあるようだ。 ...
懐かしのPCゲーム

バンダイ「機動戦士Zガンダム」8ビットパソコン機種比較

バンダイ「機動戦士Zガンダム」は新御三家の3機種で発売されました。 いくつかの人気ロボットアニメ作品がゲームとして発売されていましたが、ガンダムシリーズはやはり販権を持ったバンダイから。 「Zガンダム」も中二病患者が大好きな変形...
懐かしのPCゲーム

ボーステック「超時空要塞マクロスカウントダウン」8ビットパソコン機種比較

ボーステックから発売された「超時空要塞マクロスカウントダウン」。 人気アニメのゲームタイトルということで雑誌広告もあり期待していた人も多かったのではないでしょうか。 ゲームは横スクロール型のシューティングゲーム。 原作と同...
懐かしのPCゲーム

「タイニーゼビウス」PC-6001とMZ-700

「タイニーゼビウス」は電波新聞社からPC-6001向けに発売された縦スクロールシューティング。 あの、ナムコの名作シューティングゲーム「ゼビウス」を移植した作品。 PC-6001のハードウェア仕様の問題から、フル移植とは...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました